プリムヴェール フラワーアレンジメント教室in横浜

プリムヴェールは横浜のフラワーアレンジメント教室です。レッスンはフレンチスタイルの少人数制クラス。
各種アレンジメントの他、ウェディング装花、ブーケ等、初心者の方からご経験者の方までフランス花を楽しくレッスンしています。

ブログでは花のある楽しい生活をご紹介♪
森本美由紀展



昨日インスタに載せた写真と同じですが、こちらのイラスト原画展に行ってきました。
名前を聞いてピンと来ない方も、おそらく絵をご覧いただければ あ〜♪! となるのではないかしら。

森本さんの絵は、随分と昔からいろいろなところで目にしています。
私は女性誌に入る挿画と、CDジャケット(昔 渋谷系と呼ばれたジャンル。懐かしい〜)の絵のイメージが強いですが、マツヤ銀座のクリスマスや、女性誌でも私が覚えていたのはヴォーグジャポンやヴァンサンカン、ヴァンテーヌあたりでしたけれど、オリーブ(20~30代の方はきっとご存知ないですよね〜)の絵も森本さんのイラストだっとは!  全然テイストが違うので気が付きませんでした。それにしてもオリーブ。懐かし過ぎる。。。


森本さんの絵が特別に大好きというよりは、私の場合は、ファッションやお洒落の象徴みたいなイメージでした。当時ね。昔の話です。でも可愛い仕草やポージングをとった女の子達の絵は、今見てもとっても可愛らしい。
ここのところ暑くて、だらけた(=ちょっとでも涼しい楽な)服ばかり着てますが、女性に生まれたからにはちゃんとお洒落しないとね☆と、なんだか反省しながら帰途につきました(^▽^;)。

お好みがあるかと思いますが、可愛い絵がたくさん見られますので女子力UPにいかがでしょう?
そして空いてる! 涼しい!! お勧めです。

弥生美術館  「森本美由紀展」
@根津  〜9/27まで





根津にある「弥生美術館」は、東大のすぐ側です。
まったく縁のない東大ではありますが、見てきちゃいました。歴史と伝統を感じますね。夏休みで人もほとんどなく。気分だけ、おりこうになりました。




***************

フラワーアレンジメント 体験レッスンお受付中です。
空席情報など、こちらで詳細をご案内しております。
8月の体験レッスンはお休みとなりますので、9月以降でお受付をしております。

お花を始めてみようかなとお考えの方、メールフォームよりお問い合わせをお待ちしております♪


***************




***************

インスタグラムはじめてみました。
今のところスマホ写真のみでやってみようと思います。
一眼とは違うスピード感に慣れて、気に入ってきました♪


  Instagram

よろしければぜひご覧ください♪

***************









 
| アート | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0)

雨の日はアート日和


がっつりな雨模様ですね。今日は肌寒くて、思わずモコモコウールのスヌードを引っ張り出しました。まだ10月だというのに。皆さま、ご体調をくずされませんように。

雨の中、二つ 展示会をみてきました。
一つは近場で北鎌倉。上の写真はギャラリーのお庭の花たちです。

東慶寺の秋をいける 「二人の花」展  @東慶寺ギャラリー&ショップ   (北鎌倉)   10/21~26

花展、久しぶりに行きました。
普段フラワーアレンジメントの仕事をしてますが、和の花ももちろん大好きですし、美しい器にさりげなくあしらう普段使いの花も、実はけっこう家で飾っています。

日々の生活にそっと寄り添うような優しい草花たちを楽しんできました。作家物の花器も販売していて、お買い物まで楽しめてしまいます。私もひとつ、壁掛けタイプの花器を求めてきました。
こちらは日曜日までの開催。東慶寺は鎌倉では花寺としても有名です。鎌倉散策の際にはぜひ♪



もう一つは、ずっと行きたくていたのにズルズルしていたらなんと今日が最終日! なんとか滑り込みで見てこられました。

in the blanket    今城純  @GALLERY SPEAK FOR (代官山)

今日まででしたので、ぜひ!と言えないのが悔しいです。静かな風景画のような写真を満喫してきました。気に入ってしまって、写真集も買ってしまいました。ご興味お持ちの生徒さんは、レッスン時にでもお声がけいただければご覧いただけますよ☆


雨の日のお出かけは少々気が重いですが、長靴に、ウールのスヌードで防水・防寒はバッチリ。
花も写真も、雨のしっとりとした光の中で、人も少なく のんびり楽しめました。
目に栄養、チャージできました♪

代官山のギャラリー側に、ちょうど大好きなパテを置いてある「メゾン・イチ」が〜。こちらのパテ、とっても美味しいのです。以前、妹に教えてもらって以来すっかり気に入ってしまい、チャンスがあればテイクアウト! お腹に栄養もバッチリになりました。パンも一緒に買えるので、とても便利です。各種パテと、栗&胡桃のパン美味しかったなー。










 
| アート | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0)

食とアート


先日、なんともちっちゃく可愛らしいささやかな写真展を見てきました。

「長野陽一の美味しいポートレート」 @ NADiff Window Gallery  2014年9月7日[日] − 10月13日[月・祝]

雑誌『ku:nel』等で 食べ物の写真を撮られている方だそうです。
こちらのギャラリーが、Window Gallery とあるだけあって、本当にウィンドウ一つ分のスペースのみ。
思わず、お店の方に「展示はここだけなんですね?」と確認せずにはいられなかった程(苦笑)。

もともと資材屋さんでの用足しの帰りに、どこか一つ写真展でも見て帰ろうかなと、電車の中でスマホで検索(こちらのポータルサイトがとても便利! 写真好きな方にはお勧めです)して出かけたので、前情報もほとんどなく、しかも当初行くつもりでいた写真展がうっかり昨年の情報を見ていたようで電車を降りる寸前に情報の古さに気が付き、慌てて電車に乗り直して急いで別な写真展を調べて出かけたという、ギャラリーさんにもカメラマンさんにも大変失礼なアプローチ。

でも、結果 大当たりでした。
恵比寿にあるこちらのギャラリーを併設する NADiff A/P/A/R/T では、いわゆる美術館に併設されているようなアートショップのようなお店で、特に写真関係の書籍のラインナップが素晴らしい。
長野さんの写真展も楽しかったですし、こちらのショップも本当に楽しめました。

そして長野さんの写真は、ずっと眺めているとジワジワと後からくるのです。
その食べ物のバックグランドが見えるような、味を想像して思わずお腹が鳴りそうな?とても美味しそうな写真でした。
タイトルに「ポートレート」というのもうなづける趣のあるシンプルな写真です。
思わずフォトブックお買い上げしちゃいました。






次の日、長野さんの写真の影響で素朴だけれど丁寧な料理が食べたくなり、魚屋さんに行きました。
たくさんのカマス(1ザル8匹もあるのですもの。我が家には多い。。。)は小ぶりのものは3枚におろして、てんぷらに。少し大き目のものは、開いて塩をして一夜干しにしてみました。長野さんパワー、恐るべし。干物なんて初めて作りました。夜 ベランダに干していたので、のら猫ちゃんに食べられないかちょっと心配だったけれど、無事今朝 冷蔵庫へ。思いのほか簡単なのですね。

天ぷらはとても美味しくできました。一夜干しの味はどうかなあ。それは明日にまわして、今日はこれからマグロのカマをやっつけなければ。

魚仕事は時間がかかりますので、おろす時間のある時しかやりたくないというのが正直なところ。
魚料理中は、内臓や血にそまったまな板を見ているとめげそうになるので、窓の外をよく眺めます。
キッチンからの眺めは、今はこんな感じ。




ネイビーの実物。ビバーナムディナス。
ネイリストさんいわく、秋のおすすめカラーはネイビーだそう。
アドヴァイスを聞かず、私の爪は今グレーなので、ネイビーの花を飾りました(笑)。

秋は食べ物は美味しいし、アートイベントも多く、スポーツするのも、お出かけも楽しい。寒くなる前に満喫しないとですね!










 
| アート | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0)

ネオン金魚


8月に出かけた六本木のアートアクアリウム(六本木は終了してます)では、金魚が少なくて少々物足らず、ようやく本家?日本橋のアートアクアリウムに行ってまいりました。9月23日終了との事で間に合ってよかったー。

まだ見てないという妹と一緒に出掛けたのですが、先に築地で鰹節やらマグロやら買い物をしてしまい、食す魚持参で魚を見に行くってどうなの?と話しながら、日本橋へ、いざいざ。


サイトである程度確認してから出かけたものの、想像以上に楽しかったです。ただし、相当の人出も覚悟しなければなりません。上の写真のような表面張力?でしょうか、ディスプレイの仕方が面白く、ウキウキ写真を撮りました。撮影OKな展示会です(フラッシュ、三脚、一脚はNG。人が多過ぎてそんなものたてられるスペースは当然ありませんし)。フォトジェニックな金魚は、カメラの自主練に持ってこいです。でも人があまりにも多くて、最後の大きな屏風絵を模したディスプレイ(おそらく目玉の展示)は近寄ることすらできず、鑑賞をあきらめたほどでした。

↑ お目々 パッチリな金魚ちゃん。可愛い。





照明や水槽もとても変化に富んでいます。ネオンカラーがギラギラで、見ている私たちの目が疲れる程。金魚のストレスは大丈夫なのか、見に行っておきながらではありますがつい心配になってしまいます。





なんだかすごかったです。なんのイメージなんでしょうねえ。私には花魁に見えました。




赤い〜。



青い〜。




この子があんまり可愛い子でしばらく眺めてました。
ポニョみたいなんです。




一番下中央の子です。ね。可愛いでしょう?

来年も開催されるようでしたら、人混みを避けて悪天候の日にでも出かけてみようと思います。
夜の日本酒イベント「獺祭ナイト」も気になるところです。

綺麗な金魚たち。目の保養になりました♪







 
| アート | 18:02 | comments(0) | trackbacks(0)

マリオ・ジャコメッリ 写真展
 カメラ教室の先生が勧めてくださった写真展。

「マリオ・ジャコメッリ 写真展」 東京都写真美術館 〜5/12

よかったのです。とっても。
お時間ある方、ぜひぜひ。

いろいろな意味で打ちのめされて帰宅しました。
感想を書いてみたい気もするのですが、上滑りするだけになりそうなのでやめておこ。

見に行けて本当によかった。

こちらの美術館では複数同時展示会開催が多いので、ほかの展示も見ることができます。料金は別となっているので、一度にたくさんのアートものを見ると頭が飽和状態になってしまう私にはよいシステム。今回も一会場の鑑賞にとどめました。

よくも悪くもどっぷりつかってしまうのです。


どっぷり鑑賞じゃなく、サラッと見たとしても美しい写真と感じると思います。
帰りに知人のイタリア人オーナーのカフェでお茶して帰り、写真展の話をしたところ「かっこいい写真撮る人だよねー」と軽いお返事。

確かにかっこいい。
けど、かっこいいだけじゃ済まない重さもドッスーンとあるけどなあ。
やっぱり鑑賞は人それぞれですからね。そこが楽しいところ。


レンズの向こうに、被写体のさらに向こうに、いったい何を見ているのかな?
カメラを持つとき、ずっと問われることになりそうです。






| アート | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0)

瀬戸内 島巡り 男木島・(女木島)・豊島 〜アート編〜


今回の旅のメインテーマは、 島のアート作品巡り。
瀬戸内アートで有名な「直島」には、既に1度訪ねたことがありましたので、今回は掲題の3島巡り。
かなりゆっくり時間をとるつもりで2日かけて3島巡る予定でしたが、実はそれでも時間が足りず
「女木島」には船で寄っただけで、下船はできず(やっぱりね〜時間足りず)、船上から港の作品を鑑賞しました。
ちょっと残念でしたが、その分 他をゆっくり見てまわれたので結果オーライ。

以前訪ねた直島の時に、時間が全く足りなくて駆け足で作品を観なければならなかったのが非常に心残りだったので、今回は観るものを削っても一つ一つをじっくり観賞することを優先にしました。直島にもまたゆっくり出かけたいので、リベンジで再訪するつもりです。



さて、上の写真は高松のフェリー乗り場。
高松市内にも、現代アートの作品が点在しています。
海と空を背景に、鮮やかなタワーがキラキラとして綺麗でした。





女木島の作品。
右手前の黒いピアノのような船と
ちょっと分かりにくいですが、左奥にカモメのフラッグのようなものも作品です。
カモメはずっとこのまま鬼が島の鬼のいる堤防までつながっていきます。






こちらは男木島のフェリー乗り場にある作品。
建物の中に、フェリーのチケット売り場とインフォメーションデスクがあります。
両脇の池に映り込むようにデザインされていて、青空と雲も映り込んでました。






こちらも男島の作品。
路地の傾斜を利用しています。





作品を辿って上に登ると、ちょっとした展望台のように開けた場所に出ます。






男木島には、可愛い作品がたくさんあります。
島の風景に溶け込むようなほのぼのとしたものが多く、現代アートですがほっこり気分に。





男木島は、とても小さな島で傾斜のきつい斜面にぎっしり住宅が密集しています。
住宅街では道が細く車もほとんど走れませんので、島の坂道に必需品になるのがこちらの「おんば」と呼ばれる台車。
島のおばあちゃん達は皆 この「おんば」を押して歩かれているのですが、そのおんばに1台1台ペイントをしたという作品。絵柄もそれぞれいろいろあるそうです。

「ほらここに数字があるでしょ。1台ずつナンバリングされているんだよ〜」
と親切な島のおばあちゃんが教えてくれました。





島散策中、何度かすれ違ったおばあちゃんの牛柄「おんば」。
可愛かったなあ。おばあちゃんとセットで。

その他、男木島でおすすめなのが「うるしの家」。こちらもよかったですとっても。
解説も丁寧にしていただけました。







翌日でかけた「豊島 てしま」の作品。
学校などの廃材を使ったと簡単に説明するには、いろいろ考えてしまう(島の過疎化は深刻なので)作品です。中も見応えあります。



 

「豊島美術館」。
中に入ると、異空間にどっぷりひたれます。風と水、島の風景、そしてきっといろいろなものをそれぞれ感じ入る素晴らしい作品です。
ぜひぜひ出かけて直接五感を使って体感していただきたいです。


豊島では、見応えのある現代アート作品を他にも見ることができます。
観覧は限定日(週末中心)が多いので、事前にチェックしてお出かけください。
今回観覧日ではなく見ることのできなかったとても興味をそそられる作品があり、そちらもまた再訪してぜひトライしたいと思っています。


現代アートは好みがとても分かれるところであると思いますが、どう感じるかどうか。ちょっと強引だけれど私はこれだけでいいかなと思っています。今回、展示作品に限定日があったり、自分達の時間にも当然限りもあるので、ある程度の情報は確認して出かけましたが、本来なら何もなくまっさらの状態で先入観ゼロで見たらどう感じるか試してみたかったぐらい。うちのダンナさんにはあえてあまり伝えず同行してもらったので、彼はそういう意味では私の理想の形で観賞できたのではないかと思います。

付け加えるなら、一時現代アートに多かった(ように思うのですが)空間を捻じ曲げるような作品や、視覚に圧迫を与えるような作品、閉鎖的な空間のものは、個人的には少々苦手(乗り物酔いしたようになってしまう)なので、今回観賞したものにはそういう作品はなく、安心して堪能できました。


アート編はこれにて。
時間やっぱり足りない。かなりかなりゆっくり目に組んだのですけどねえ。
のんびりし過ぎ?


次回は島編。島の路地や建物、目にとまったこまごまとしたものや、日常の1コマ。
そんなスナップをご紹介します。



こちらの瀬戸内国際芸術祭2013のサイトから瀬戸内アートの作品の情報が見られます。




| アート | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0)

黄金比
 


「黄金比」という言葉、ご存知の方も多いかと思いますが、人が綺麗だと感じるバランスを数学で解明していくと共通の数式があてはまるというもので、身近にある人が作り出した人工物から有機的な動植物に至るまで様々なものがあるといわれています。

黄金比の例によくあげられるのが「ミロのヴィーナス像」や「ダヴィンチの絵画」、そして「オウムガイ」の螺旋。こちらは今月のレッスン資材で、「オウムガイ」ではないのですが、巻貝特有の柔らかな曲線、規則正しい模様が本当に綺麗で、眺めていて飽きません。
自然にこうした美しいバランスをもった形状になるというのが、不思議です。


そもそも「黄金比」というものも、自然界に存在する綺麗な形の成り立ちの不思議をひもとくために考案されたものなのか、バランスの美しさを追及していった結果、考え出されたものなのか、どちらが先か分かりませんが、美を数字で解明するという感覚は、主観を客観的に説明できるものへ変換するという意味で面白いものだなあと思います。

よく「数学者はロマンチストが多い」と聞きます。数字にロマンを(私は残念ながら全く無理ですけど)感じるという不思議な感覚はとても興味深いです。


と、巻貝を見てできの悪い数学に憧れをもって思いを馳せていました。


フラワーアレンジメントも、主観が大きく左右するところではありますが、数字で解明とまではいかなくても、美しいなと思うものを分かりやすく例をたくさん挙げながら説明したり、イメージを共有してもらったり、その方それぞれのインスピレーションを大事に育てていただきたいなあと思います。

今月はフリースタイルの要素も強く、そしてのんびり夏モードレッスンのせいか、そんなことを考えながらレッスンにのぞんでおります☆











| アート | 11:53 | comments(0) | trackbacks(0)

所作
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

デコレッスン開催のお知らせ  <ランジェリーサック&香りのサシェ作り>

早々にお申し込み・お問い合わせをいただきました皆様ありがとうございます。
まだ若干お席のご用意ができますので、ご興味をお持ちの方、ぜひこちら をご覧の上、お問い合わせをお待ちしております。

3/31 (満席になりました)
4/2 (残席 1 )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






先月のレッスンでは、生徒さんのお手元をたくさん撮らせていただきました。
私の手ぶれが多くて(ゴメンナサイ)、代表で何名かコラージュにて。


この間もちょこっと触れましたが、真剣な眼差しで花に向かわれているお姿は皆様とても美しく、花を優しく扱う手さばきや指先まではしる適度な緊張が、お手元をさらにキリリとそしてしなやかに女性らしくみせています。


写真を撮っていると、「指が太いから」とか「シミやシワがあるから」とかお気になさる方も中にはいらっしゃいましたが、私は働く手はどんな手もとても美しいと思うのです。
例えば、農家のおばあちゃまのシミだらけのシワシワのゴツゴツとした働く手なんて、手だけで人生が語れるほどに表れていて最高☆だと思います。





明日までの開催となった「フェルメールからのラブレター展」。
渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムに、3月に入ってから慌てていきました。
出かけたのは平日の午前中というのにうんざりするほどの混雑ではありましたが、じっくり堪能してきました。


フェルメールの絵は、何か作業をしている女性の絵が多く、有名な「手紙を書く女」をはじめ、上のポストカードと本の表紙の「レースを編む女」、「天秤を持つ女」、「牛乳を注ぐ女」など、女性の手元の動きを題材にしたものが特にお気に入りです。


何かに熱中している面差しや指先は、おそらく本人は気が付いてない自分の一瞬の姿。
花にむかう生徒さんを見ていると、いつもこのフェルメールの描く女性達とだぶるのです。


私も随分手に切り傷が増えましたが、時にはいたわってまだまだがんばってもらわないとね〜!





| アート | 13:54 | comments(0) | trackbacks(0)

Art & Craft 2012 Time Upon a Time  〜ギャラリー悠玄〜
 
四季のテーブルアレンジメントクラス 1月カリキュラムより  ラナンキュラスは「コルテ」


銀座のギャラリー悠玄さんで 掲題の展示を見てきました。
美術館巡りやギャラリー巡りはもちろん大好きですが、特に今回は知り合いの作家さんが3人も
出ている展示会なので、ワクワクしながら出かけてきました。
ディレクターの佐藤さんとも久しぶりにたくさんおしゃべりできて、楽しかったなあ。


さて、お1人目はわたしのサイトのトップページの絵をお願いしたGAKOさん。
展示会では小林賀子さんというお名前で展示されてます。
彼女の作品は、本当に心が軽くなりクスッと思わず口元が緩んでしまう幸せオーラの作品ばかり。
彼女の作品を見た後は、体重までも軽くなったような錯覚をするほど!?帰り道は足取りが軽くなります。GAKOさんにサイトの絵をお願いできたことは、私にはとてもとても嬉しいこと☆
絵と花は違うものではありますが、教室にいらしてくださる方が、植物を通じて楽しくリラックスした気持ちや、幸せな気持ちを感じてもらえたら嬉しいなあと常々思っているので、彼女の絵はそういうところでつながっているものだと思っているのです。


それからMerinoさん。
テンペラ画で、非常に独特の世界感のある作品です。
彼女の作品は一点我が家にもあります。以前、お仕事でご一緒させていただいたこともある方なので、この世界感がどういう風にMerinoさんから創造されるんだろうと、いつも不思議な思いでいっぱいになります。
冬のシンシンと静かな空気感がステキです。


それから松本亜季さん。
ご本人はとってもチャーミングな方で、作品は私の中ではなんというか美人道を感じるバランスの優れた作品。でも、きっと人によって感じ方がぜんぜん違うであろう作風だと思います。
今回はブルーの作品が多く、シンプルに目に綺麗なものが見られます。


グループ展なので、全部で8人の作品が見られますよ。
場所も銀座でショッピングも楽しいエリアですから、ぜひお出かけになられてみてくださいね。



Art & Craft 2012
Time Upon a Time 新しい時をきざんで
1/10-1/21  11:00-19:00 (最終日は17:00)

ギャラリー悠玄
中央区銀座 6-3-17 悠玄ビル
TEL 03-3572-2526



| アート | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0)

バカラ シャンデリア☆


美し過ぎる〜☆
ガーデンプレイスのバカラシャンデリアです。

どうしてもどうしても見たくて、けっこう無理やりなスケジュールの中、カメラ持って行ってきました!

先ずは正面ドーン。






少し斜めからだと、奥行きが分かりますね〜。
後ろの映り込みも綺麗です。




 

少し寄って。パーツがよく見えます♪

もう、ものすごーく、気が済みました。

家に帰って、この日はAM3時まで仕事。でも全然平気。
こんなに綺麗なものを見れたんですもの。

やっぱり12月には、キラキラ1つぐらい見ておかないと☆

バカラ 大好き!



ディズニーの「美女と野獣」が見たくなりました〜。


| アート | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0)

| 1 / 4 pages | >>
ブログ記事カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
エントリー記事
記事カテゴリー
記事アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
お気に入りリンク集
Copyright© 2003-2017 HACHIKO / PRIMEVERE All rights reserved. Designed by BELGIAPPONE.COM
お問い合せは「フラワーアレンジメント教室 プリムヴェール」info@primevere-deco.com